フランチャイズ・チェーンの場合は契約金や研修費なども

契約金は自己資金や借入を利用

これまでサラリーマンなどをしていた人が独立しようとするとまず自分自身を売り込む必要があり、それに時間がかかると資金が尽きて失敗に終わるケースもあります。フランチャイズを利用すると既にあるお店のブランドやノウハウが利用できるので、自分自身を知られていなくてもお客さんが来てくれる可能性があります。ただフランチャイズを利用する時には加盟契約金が必要になり、契約時に支払う必要が出てくるので注意が必要です。説明会などでは契約金の支払いをどうすればいいかを話してくれる時があり、自己資金が無いと開業できないときもあれば、本社の方から低金利での借り入れができそちらを利用できるときもあります。自分に合ったフランチャイズを選ぶと良いでしょう。

定期的に研修を受ける必要がある

フランチャイズを利用すると商標などが利用できるため、営業をしなくても開業当初からお客さんが来てくれるかもしれません。開業前にはノウハウなどを身に着けるための研修を受けて開業に備えますが、一度研修を受ければそれ以降全く研修が無いわけではありません。ビジネスにもよりますがどんどん新しい仕組みやサービスが登場するときがあり、その都度ノウハウを学ぶために研修を受けなければいけません。研修にかかる交通費や研修費そのものは自己負担になるので、予め事業資金の中に組み入れて経営しないといけないでしょう。ビジネスによって年間どれくらいの研修があり研修費がかかるかなどが分かるときもあるので、説明会や契約時に確認しておきましょう。

手形の買い取ってもらうファクタリングを利用する際は手数料や所要日数などを考慮して業者を選ぶことが重要です。同じ手形でも買取金額や現金化するまでの日数が違うので、必ず複数の業者を比較します。

© Copyright Prepare Business Funds. All Rights Reserved.